ビタミネ





HOME >> サプリメントTOP >> サプリメントについて >> 個人輸入代行とは
サイトマップ


個人輸入代行とは





 

個人輸入代行とは


海外の医薬品、医薬部外品、化粧品、健康器具などを、営業目的で購入する場合は、薬事法の規程により厚生労働大臣の許可が必要になります。これが個人で使用する事が目的であったり個人で持ち帰る場合は許可をえる必要はありません。ただし輸入出来る数量には制限があります。個人使用が目的の場合は当然他人への販売や授与は禁止されています。

個人で輸入する場合、言葉の壁、手続き、支払方法の問題が立ちふさがるため、これらを代行して行ってくれるサービスが個人輸入代行となります。




 

数量制限について


医薬品、医薬部外品2か月分以内(劇薬、毒薬、処方せん薬は1か月分以内)
外用剤1品目24個以内(劇薬、毒薬、処方せん薬は除く)
化粧品1品目24個以内
健康器具1セット(家庭用の物に限る)

厚生労働省の個人輸入代行に関するページ



 

関税について


購入代金が16000円以上になると関税がかかることがあります。 税関にてランダムに抽出された荷物にのみかかり、その確率も数%〜10数%といいます。関税率は12〜15%程です。



 

利用には注意が必要


日本の医薬品や化粧品であれば薬事法により有効性と安全性が保証されていますが、海外の物ではその限りではありません。その国の法律等の規程にはしたがっているかもしれませんが、利用する場合はある程度の知識は必要でしょう。

例えば以下のように個人輸入された医薬品等による健康被害が報告された事例や、一部の健康食品に医薬品成分が混入されていた事例も報告されているからです。

1. 医薬品に人体に有害な量の「ヒ素」や「水銀」が含まれていた事例。
2.糖尿病薬として海外で購入した医薬品に、日本では処方せん薬に指定されている血糖降下剤が配合されていた事例。
3.化粧品に「水銀」など日本では禁止されている成分が配合されていた事例。
4.ダイエット目的の処方薬として輸入された製品に向精神薬等の医薬品成分が含まれており、死亡を含む重篤な健康被害が生じた事例



 

個人輸入代行業者一覧


・アイドラッグストアー
・サプリンクス






text by 2006/12/03













ショッピングQ&A









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved