ビタミネ





HOME >> サプリメントTOP >> サプリメントについて >> サプリメントのラベルの見方
サイトマップ

第10回

サプリメントのラベルの見方


はじめに

サプリメントのラベルの表記は食品衛生法やJASなどの法律で定められています。どの区分に当たるサプリメントなのか、原材料には何が使われているのか、1粒あたりの栄養成分はどれくらいか、飲み方や利用上の注意点についてなどの多くの情報が記載されています。今回はラベルにどのようなことが記載されているのかを項目ごとにみていき、各項目ごとの説明や見方などを紹介していきます。




名称

名称には商品の正式名称と、栄養補助食品か栄養機能食品、特定保健用食品のどれに当てはまるのかが明記されています。栄養機能食品と特定保健用食品であればさらに栄養成分機能の表示も認められていて名称の隣などに記載されています。特定保健用食品であれば保険用途の表示まで明記することが出来ます。各区分の詳細については以下で解説しています。

サプリメントの種類


原材料名

原材料名では使用されている栄養成分や添加物が、使われている量が多い順に記載されています。ここに例えばビタミンAと表記されていれば、それが合成か天然かはわかりません。一般には合成が多いようです。これがにんじんと書いていれば、にんじんそのものが使われていることになり、にんじんカロテンと書いてあればニンジンから抽出したカロテンが使われていることになります。どちらも天然のものです。栄養成分名がそのまま表記されている場合は合成のものが多く、食品や抽出物が記載されている場合は天然のものが多いようです。

添加物では乳化剤や光沢剤など一括名で記載されている場合も有ります。使用している成分をしっかりと明記しているほうがより良心的であるといえるでしょう。添加物の詳細については以下で解説しています。

添加物について


栄養成分表示

栄養成分表示では1粒あたりや100g中に含まれている成分とその含有量が記載されています。「エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム」の5項目が必須項目で、次いでビタミンやミネラルなどの主な栄養素が記載されているものも有ります。中には栄養所要量をどれだけ満たしているかを示す「充足率」が記載されているものも有ります。


お召し上がり方

1日の目安量と飲み方が記載されています。基本はいつ飲んでもかまいませんが、食事中、食前、食間・空腹時など記載がある場合はそれに従いましょう。


ご利用上の注意

ご利用上の注意では過剰摂取の注意や薬の服用中の場合の注意、他の食品との食べ合わせの注意など商品ごとに注意点が記載されていることが有りますのでしっかりと確認しましょう。






参考文献
サプリメントBOOK―もっと健康!もっとキレイに!
サプリメント健康バイブル (2004版)


ページTOPへ
text by 2014/09/20






サプリメントについて









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved