ビタミネ





サイトマップ

第6回

キレートとは


ミネラルの吸収

ミネラルの吸収率はそれほど高くはなく、平均して数%で比較的高いとされるマグネシウムでも30%〜50%ほどです。そんなミネラルですがキレートにより吸収率が高くなります。通常ならひとつの入口を複数のミネラルで奪い合う形で吸収が進行するため吸収効率も悪くなるのですが、キレート化されたものなら別の入口からも簡単に吸収されることが出来るので吸収効率が高くなると言うわけです。


キレートとは

そもそもキレートとは何なのでしょうか。キレートとはミネラルイオンが2分子から3分子のアミノ酸で挟まれた状態のことを指す言葉です。このアミノ酸キレートをAACと言います。そして吸収率が高くなるようミネラルをあらかじめキレートしておくことをキレート製法と言います。キレートの仕組みはカルシウムやマンガン、鉄、亜鉛などのミネラルで確認されています。


体内でキレート

カルシウムのサプリメントには無精製カルシウム、AAC(アミノ酸キレート)カルシウム、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、グルコン酸カルシウム、クエン酸カルシウムなどの種類があります。無精製ミネラルとは自然な状態でキレートされたミネラルのことです。炭酸やリン酸と結合したミネラルを有機酸ミネラル、グルコン酸やクエン酸と結合したミネラルを無機酸ミネラルと言います。有機酸、無機酸ミネラルは遊離(イオン化)しやすく、遊離したミネラル(ミネラルイオン)は、体内で食事中のタンパク質が消化されてできるアミノ酸やペプチドと結合することでAAC(アミノ酸キレート)ミネラルとなり吸収率が高まります。したがって有機酸、無機酸ミネラルを摂取する場合は食事と一緒に摂取することが大切です。


食事と一緒に摂取する重要性

有機酸、無機酸ミネラルを食事と一緒に摂取することの重要性は、吸収効率の面からだけでなく他にもあります。もし食事をせずに有機酸、無機酸ミネラルとビタミンCを摂取すると、ミネラルイオンとビタミンCが反応して有毒なフリーラジカルの一種である過酸化水素が発生する恐れがあるのです。そのため安全面からみても有機酸、無機酸ミネラルは食事と一緒に摂取することが好ましいのです。


日本でのキレートミネラル

日本ではキレートミネラルの製造、販売、輸入販売は認められていません。これは厚生省がまだ認可していないためです。海外からの個人輸入のみ入手することが出来ます。無精製ミネラルについては日本でも市販されています。






参考文献
こんなサプリメントが欲しかった
サプリメントBOOK―もっと健康!もっとキレイに!


ページTOPへ
text by 2007/06/15






サプリメントについて











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved