ビタミネ





HOME >> サプリメントTOP >> サプリメントについて >> 海外サプリメントの違い
サイトマップ

第5回

海外サプリメントの違い


はじめに

今回はアメリカのサプリメントの特長について見ていくことにします。


成分含有量が多い

日本のサプリメントは国民栄養所要量に基づいて作られているので、成分含有量も少なめです。これに対してアメリカのサプリメントはアメリカのRDA(推奨栄養摂取量)の数倍の成分含有量を含むものも少なくありません。これには両国の消費者のサプリメントに対する考え方の違いが影響しています。

アメリカでは、いろいろな健康情報が推奨する摂取量でそれが通常の食生活では到底満たせない場合、サプリメントを利用しようと言う考えの消費者が多いのに対し、日本では健康になるからなんとなくという形で利用している消費者も少なくありません。アメリカなら日本のサプリメント程度の含有量なら食品で摂取した方がずっとましだと考えるでしょう。また実際売られていても誰も見向きもしないはずです。


利用者の意識の違い

アメリカのサプリメント業界は日本よりもずっと進んでいて、商品の数も情報量も非常に豊富です。アメリカの利用者はこうした情報をみずから収集し、自分にあった商品を自分自身の責任で判断して利用するというのが常識だと考えられています。

日本ではどちらかと言えばお上だよりと言った風潮が強く、販売されているサプリメントも比較的広い範囲の消費者を対象として、誤って摂取しても問題がないよう栄養所要量の範囲内に収めている商品が多いのが特徴です。日本の消費者がアメリカのサプリメントを利用する場合は、消費者としてもたくさんの情報を集め、自分が本当に必要とする商品かどうかを見極めるための知識をみにつけることが求められます。アメリカのサプリメントは上記でも述べた通り成分含有量が多いものもたくさんあるため、過剰症のリスクをしっかりと認識していないと、健康を害する危険性もあるからです。


価格が安い

アメリカのサプリメント市場は日本よりもずっと大きいため、商品の大量生産や、競争原理により日本よりも価格の安い商品が少なくありません。


崩壊基準がある

崩壊基準とは消化管に入った後、何分以内に溶けなければいけないというものです。アメリカのサプリメントには崩壊基準がありますが、日本のサプリメントにはありません。日本で崩壊基準が設けられているのはくすりだけです。


カプセルの種類は1つではない

日本ではカプセルはゼラチン(牛の骨と豚の皮で作られる)のみとされていますが、アメリカではこれ以外にセルロース(植物性繊維)のカプセルも認められていて、ベジタリアンをはじめ広く利用されています。


海外サプリメント購入時の注意点

まず輸入元が信頼できる会社かどうかを確認します。次に栄養成分の記載項目が日本語でわかりやすく表示されているかどうかを確認します。少なくともこの2点は抑えておきたいところです。






参考文献
こんなサプリメントが欲しかった
サプリメントBOOK―もっと健康!もっとキレイに!


ページTOPへ
text by 2006/09/25






サプリメントについて









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved