ビタミネ





HOME >> ミネラルTOP >> 微量ミネラル >> セレンの効果・効能
サイトマップ

セレンの効果・効能


抗酸化作用

セレンは活性酸素除去酵素である【グルタチオンペルオキシターゼ】の成分の1つで、
グルタチオンペルオキシターゼは活性酸素により発生した過酸化脂質を分解する働きがあります。

また【セレノたんぱく質】の成分として、細胞外で抗酸化作用を発揮します。

活性酸素とは通常殺菌作用などを担いますが、過剰に反応すると正常な細胞まで攻撃して 体のサビや老化を招く要因となるものです。

※関連コラム  >>老化の原因、活性酸素とは


甲状腺の生理活性を高める

セレンは【ヨードチロニン脱ヨウ素化酵素】の成分として、チロキシンをトリヨードチロニンへと変化させることを通じて、甲状腺ホルモンの生理活性を高める働きをします。

甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を促す働きがあり、成長や発育には欠かせないものです。






参考文献
ビタミン・ミネラルBOOK
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
サプリメントデータブック
基礎栄養学 健康・栄養科学シリーズ







ページTOPへ
text by 2005/05/27






微量ミネラル









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved