ビタミネ





HOME >> ミネラルTOP >> 主要ミネラル >> リンの効果・効能
サイトマップ

リンの効果・効能


骨や歯を形成する

体内に最も多く含まれるミネラルはカルシウムですが、ついで多いのがリンで成人体重の約1%(50kgで約0.5キログラム)にあたります。そのうち80%がマグネシウムやカルシウムと結びついて、それぞれリン酸マグネシウムやリン酸カルシウムとなって骨組織に付着、骨や歯などの硬組織を形成しています。残りはたんぱく質や脂質、糖などと結合した有機リン酸化合物として、すべての細胞に存在します。そこで核酸やATP、細胞膜やリンたんぱく質などの構成成分となります。

リンが不足すると骨軟化症やくる病、骨の石灰化の遅延などの原因にもなります。しかしながらリンは動物性食品にも植物性食品にもまんべんなく含まれているので、通常の食生活をしていれば不足する事はまれです。清涼飲料水やカップめん、スナック菓子などにも各種リン酸塩としてよく使われているので、むしろ過剰に取りすぎることの方が心配です。血液中のリンとカルシウムのバランスは3:10〜7:10で保たれており、この比率が崩れてリンが多くなると、バランスを維持するために骨組織にあるカルシウムを血中に取り込むため、リンの取りすぎが逆に骨をもろくする結果となります。リンはバランスよく取ることが大切です。


核酸の成分

DNA主成分である核酸を作る成分でもあります。


エネルギー代謝に関与

通常、ADP(アデノシン2リン酸)と呼ばれる物質にリン酸基を1つ加えてATP(アデノシン3リン酸)を作るといった経路でエネルギーを体内に蓄えています。この結合がきれてATPがADPに戻る際に、蓄えたエネルギーが放出されます。このようにエネルギーの蓄積、放出の過程においてリンは必要不可欠な成分です。

※詳細 >>疲労とビタミン


ビタミンB群の働きを補助

リンは体内ではビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどと結合して、それらの吸収や働きなどで重要な役割を担います。


体液のpH値や浸透圧の調整

体液に含まれるリン酸塩は、アルカリや酸を中和してph値を整えたり、浸透圧を調整するのに働きかけます。






参考文献
基礎栄養学
ビタミン・ミネラルBOOK―ストレス解消!体に効く!
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
「ビタミン伝説」の真実







ページTOPへ






主要ミネラル











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved