ビタミネ





HOME >> ミネラルTOP >> 微量ミネラル >> マンガン欠乏症・過剰症
サイトマップ

マンガン欠乏症・過剰症


マンガン欠乏症

通常の食生活であればマンガンが欠乏することはほとんどありません。マンガンが欠乏したときにどのような症状が出るのかは、まだ明確になっているわけではありません。ラットや鶏などの動物実験での欠乏症の報告例は多いのですが、人での報告例は少ないです。以下に一例を掲載します。

研究者対象動物 実験内容結果
ケンメラーマウス低マンガン飼料での飼育成長障害、排卵障害
オーレント、マッカラムラットマンガン欠乏雌の授乳不能、雄の睾丸退化
ウィルガスマンガン欠乏発育不全
ノリス、カスキー親のマンガン欠乏雛の先天性失調症
ストラウセラットマンガン欠乏骨芽細胞と破骨細胞両者の活性抑制
フレッドマンマンガン欠乏食を6週間摂取骨のX線撮影による透過性の増加、骨中マンガンの極度の低下

マンガンの体内での役割から、マンガンが欠乏すると次のような影響が出るのではないかと推測されています。

・骨の発育不全
・性機能の低下(不妊症・精子欠乏症)
・運動機能の低下
・中枢神経障害
・糖尿病になりやすくなる
・皮膚疾患


マンガン過剰症

マンガンは経口摂取では吸収率も低いことから過剰症の報告例も多くは有りません。一方マンガン鉱山など粉塵による気管からの吸入が多い現場では、多くの過剰症例が報告されています。過剰症にはパーキンソン病に類似の中枢神経障害やマンガン肺炎などが報告されています。

パーキンソン病類似の中枢神経障害ではパーキンソン病と同様、中脳の脳黒質、大脳基底核の線状体および淡蒼球におけるドーパミン系異常や、基底核におけるドーパミン、その他の化学伝達物質の著名な減少が見られます。治療にはL-ドーパミンの投与が効果的です。症状は以下のように段階的に進行します。

無欲状態、食欲不振、脱力

精神運動異常、不眠、頭痛、下肢けいれん、性行動障害、発語障害、仮面様顔貌(無表情)、歩行・平衡拙劣化、小人症、筋硬直、躯幹・四肢振戦(ふるえ)

完全な植物人間、廃疾者






参考文献
サプリメントデータブック
よくわかる栄養学の基本としくみ
身体に必要なミネラルの基礎知識
医療従事者のためのサプリメント・機能性食品事典
日本人の食事摂取基準〈2010年版〉



微量ミネラルの欠乏症・過剰症






ページTOPへ
text by 2014/04/25






微量ミネラル









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved