ビタミネ





HOME >> ミネラルTOP >> 微量ミネラル >> マンガンの効果・効能
サイトマップ

マンガンの効果・効能


マンガンとは

マンガンは人間の体内には12〜20mgと少量しか存在しません。そのうちの25%は骨中に、ついで肝臓、すい臓、腎臓に多く含まれます。

マンガンは胃液でマンガンイオンに変えられ、小腸で吸収されたあと、肝臓へと運ばれ、その大部分は胆液や膵液として、再び消化管へと排出されます。したがってマンガンの糞中排出量というのは摂取量とほぼ等しくなります。

通常の食生活での欠乏例と言うのは、現在報告されていません。完全静脈栄養での欠乏例が1件報告されています。


様々な生態活動に関わる

マンガンの主な働きは酵素の働きの補助、活性化で、マンガン自体が酵素の構成成分であるもの(ピルビン酸カルボキシラーゼ(脱炭素酵素)、スーパーオキシドジスムターゼ(抗酸化酵素))と、他の酵素の補酵素として関わるものとがあります。

マンガンは多くの生化学反応と関係しているため、不足すると、

骨形成
血液凝固能
糖質、脂質の代謝
生殖機能
皮膚の代謝
運動機能


などに影響が出てくるといわれています。

※関連コラム  >>酵素について1


骨の形成に関わる

酵素反応での関与の一つである骨形成ですが、さらに詳しく言うと、マンガンは骨の成分であるリン酸カルシウムの形成を促進させる働きがあります。






参考文献
ビタミン・ミネラルBOOK
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
日本人の栄養所要量―食事摂取基準
基礎栄養学
基礎栄養学 健康・栄養科学シリーズ







ページTOPへ






微量ミネラル











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved