ビタミネ





HOME >> ミネラルTOP >> 主要ミネラル >> カリウム欠乏症・過剰症
サイトマップ

カリウム欠乏症・過剰症




カリウム欠乏症

欠乏症と過剰症


体内のカリウムはその98%が細胞内に、残りの2%が細胞外に存在します。この細胞外に存在するカリウムの濃度が3.5mEq/リットル以下の状態を低カリウム血症といい、逆に5.5mEq/リットル以上の状態を高カリウム血症とよびます。低カリウム血症では様々なカリウム欠乏症状が、高カリウム血症では様々なカリウム過剰症状が現れます。mEqとは体内のカリウムやナトリウムなどの電解質の量を表す単位です。 通常の食生活ではカリウムが欠乏したり過剰になる事はまずまれです。

欠乏要因


カリウムの摂取不足
再吸収障害、腎排泄の増加 尿細管機能障害、利尿剤の長期使用
副腎に異常 高アルドステロン症、アルドステロンとは細胞外から細胞内へのカリウムの移動を促進させ、尿中へのカリウムの排泄を促進するホルモン
消化管からの損失増加 慢性の下痢、嘔吐
糖尿病 糖尿病の影響によるカリウムの細胞外から細胞内への取込みの増加
ナトリウムの取りすぎ ナトリウムを取りすぎると排泄量が増加するが、それと共にカリウムも排泄されてしまうのでナトリウムの取りすぎには注意が必要。ナトリウムとカリウムの摂取比率(Na/K)は2以下が望ましいとされます。塩分の多い味噌汁を作るときはカリウムが豊富な野菜や芋などの具をたくさん入れるといいでしょう。

症状


脱力感、無表情、無関心、無気力、うとうと状態、筋力低下、食欲不振、吐き気、いらだち、非合理的行動、重度では筋肉麻痺、横隔膜の不動と血圧低下由来の呼吸不全


カリウムの1日の目安量、目標量は?

カリウムの1日の目安量は


通常の食生活ではカリウムの欠乏にまで至るのは稀ですが、日本人の成人のカリウム摂取量の平均は日本食事摂取基準で定められた目安量の数値よりも少ないとされています。このためまずは1日にどの程度のカリウムを摂取すべきなのかを知っておくのも大事だといえます。目安量とは推奨量が設定できない場合にかわりに設けられるもので、カリウムの1日の目安量は成人男子で2500咫∪人女子で2000咾任后

カリウムの1日の目標量は


カリウムやナトリウムにはこのほか生活習慣病の一次予防を目的として目標量も定められています。一次予防とは病気にならないようにすることです。カリウムの1日の目標量は成人男子で3000咫∪人女子で2600咾棒瀋蠅気譴討い泙后3毒代のカリウムの目安量、目標量についてはカリウムの食事摂取基準、一日の必要量、目安量は?で解説しています。

カリウムの1日の目標量、目安量


カリウムの多い食品は

カリウムの多い食品群


生活習慣病の予防のためにもカリウムには目標量が定められています。こうした目標量を達成するためにもカリウムが多い食品を知っておくことは大切です。カリウムは野菜類、果物類、肉類、魚類、藻類、芋類、豆類、種実類と比較的広範囲の食品群で多く含まれています。

カリウムが多いさわらの切り身

カリウムを摂りやすい食品は


カリウムの含有量も多く摂取もしやすい物を各食品群ごとに紹介します。野菜類ではゆりねやにんにく、からし菜、ホウレン草など、果実類ではアボカド、ドリアンなど、魚類ではさわらやかんぱち、まあじなど、芋類ではさといもやさつまいもなど、豆類では大豆や糸引き納豆などです。カリウムの多い食品については詳しくはカリウムの多い食品・食べ物と含有量一覧で解説しています。

糸引き納豆はカリウムが多い


カリウム過剰症

体内量は腎臓で調節される


過剰症は上でも述べた通り通常の食生活であればまずまれな症状です。それは腎排泄により体内量がコントロールされているからです。カリウムを多く摂取した場合は腎排泄の調節機能によりその分多く体外に排泄されます。しかしながらその調節機能を担う腎臓に障害を抱えている方はカリウムの過剰症になる危険性がでてきます。また糖尿病により細胞内へのカリウム移行がスムーズに進まなくなる場合もまた過剰摂取が問題化します。

その他の原因


副腎の異常、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシン脅容体遮断薬を服用している高血圧患者で、カリウム摂取量が8000mg/1日以上になると過剰症を起こすことがあります。

症状


脱力感、筋力低下、麻痺、四肢の痺れ、中度では不整脈、徐脈、血圧低下、重症になると膜伝導障害による心停止に至る場合もある。






参考文献
サプリメントデータブック
基礎栄養学 健康・栄養科学シリーズ
「ビタミン伝説」の真実
ビタミン・ミネラルBOOK
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
日本人の栄養所要量―食事摂取基準
栄養の基本がわかる図解事典



主要ミネラルの欠乏症・過剰症








ページTOPへ
最終更新日 2017/03/12
公開日 2008/09/21






主要ミネラル









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved