ビタミネ





HOME >> ミネラルTOP >> 微量ミネラル >> 胴の効果・効能
サイトマップ

銅の効果・効能


酵素に関与して多彩な作用をもたらす

体内に70〜100mg存在し、骨や筋肉、肝臓などに点在します。 銅はいくつかの酵素の機能に関わっていて様々な作用をもたらします。

■関与する酵素
スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、セルロプラスミン、モノアミンオキシダーゼ、
チトクロムCオキシダーゼなど

■もたらす作用一覧
乳児の成長、宿主の防御機構、骨強度、赤血球や白血球細胞の成熟、鉄の輸送、
コレステロールや糖の代謝、心筋収縮、脳の発育など

※関連コラム  >>酵素について1


鉄の吸収を良くする

腸管からの鉄の吸収を促すだけでなく、骨髄でヘモグロビンを作る際に材料となる鉄の吸収もよくします。ヘモグロビンは酸素と結びついてそれを全身に運び届ける役目を担います。銅が不足すると鉄吸収が阻害されヘモグロビンの合成が滞るので、全身への酸素の運搬機能も低下し、貧血を引き起こす原因となります。このため、鉄欠乏性貧血の治療においては鉄と少量の銅を処方する場合もあります。

※関連コラム >>貧血とビタミン・ミネラル


メラニン生成に関与

銅はメラニン生成に関わる酵素チロシナーゼの補酵素として働くため、不足すると毛や皮膚の脱色と行った症状を引き起こすことがあります。

※関連コラム  >>酵素について1






参考文献
ビタミン・ミネラルBOOK
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
日本人の栄養所要量―食事摂取基準
基礎栄養学







ページTOPへ






微量ミネラル











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved