ビタミネ





HOME >> ミネラルTOP >> ミネラルウォーター >> 海洋深層水とは
サイトマップ

海洋深層水とは


海洋深層水とは

海洋深層水とはエネルギーや有用な物質を備えていて、太陽光の届かない水深200メートル以深を流れる海水のことです。海の平均水深は約3800メートルなのでその大部分である95%は海洋深層水ということになります。


海洋深層水の特徴

豊富なミネラル
海洋深層水にはカルシウムやマグネシウムをはじめ約60種類もの様々なミネラルが豊富に含まれています。

バランスよく含まれている
人間にとって羊水(母親の胎内にある液体、胎児を保護している)が一番理想的なミネラルバランスだと言われています。羊水の成分は海水に近いと言われていて、海洋深層水は人間にとってバランスのよいミネラル補給源の1つだといえます。

清潔な水
海洋深層水は光が届くことのない深海を移動しているので、細菌や雑菌が繁殖することもなく、陸や大気からの汚染にさらされる機会も極めて少ない清潔な水です。

低温で安定
海洋深層水は水温が急に冷たくなっている層にあり、低温のまま安定しています。


しょっぱくないのはなぜ

海洋深層水はそのままでは塩分(塩化ナトリウム)濃度が高すぎて飲めないので、まず水分とミネラル成分に分離され、ミネラル成分から塩分を取り除いて再び水分とあわせて飲料用に加工されます。


海洋深層水の分類は

海洋深層水は水の分類では何にあたるのかと言うと、地下水ではないのでナチュラルウォーターやミネラルウォーターではなく、ボドルドウォーターになります。分類についての詳細は水の種類についてで解説しています。






参考文献
知識ゼロからのミネラルウォーター入門
ミネラルウォーターBOOK
身体に必要なミネラルの基礎知識


ページTOPへ
text by 2012/09/10








微量ミネラル











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved