ビタミネ





HOME >> 健康コラムTOP >> 脂質 >> リポタンパク質
サイトマップ

リポタンパク質


リポタンパク質とは

今回は誘導脂質の1つであるリポタンパク質について見ていきます。脂質は水に極めて溶けにくいため、肝臓や小腸で合成されたアポタンパク質と結合して可溶化の形態を作り、血液中を運搬されます。このような脂質の運搬体をリポタンパク質といいます。脂質は体内では皮下脂肪や黄色腫以外ではタンパク質と結合して分散しています。リポタンパク質の基本構造はたんぱく質、トリアシルグリセロール、リン脂質、コレステロールエステル、遊離コレステロールからなります。リポタンパク質の表面には比較的親水性(水になじむ)の高いアポたんぱく質やリン脂質、遊離コレステロールが並び、疎水性(水をはじく)のトリアシルグリセロールやコレステロールエステルが包み込まれるような形になっています。



脂肪酸もアルブミンと結合して血液中を運搬されますが、これは遊離脂肪酸と呼ばれリポタンパク質には含まれません。


リポタンパク質の種類

血液中ではリポタンパク質は球状で存在していて、その大きさと密度でキロミクロン、超低密度リポタンパク質(VLDL:very low density lipoprotein)、低密度リポタンパク質(LDL : low density lipoprotein)、高密度リポタンパク質(HDL : high density lipoprotein)の4つに大別されます。これらのリポタンパク質の化学的組成はそれぞれの機能にあった成分的特長をしています。リポタンパク質は血漿リポタンパク質の形での血液中の運搬形態以外にも、構造リポタンパク質として各種生体膜の主要構成成分としての働きもあります。

各リポタンパク質の特徴と化学的組成
キロミクロンVLDLLDLHDL
密度(g/ml)<0.950.95〜1.0061.019〜1.0631.063〜1.21
直径(nm)100〜1,00030〜7525〜307〜13
起源小腸肝臓、小腸VLDL肝臓、小腸、キロミクロン
タンパク質29〜1020〜2550
トリアシルグリセロール80〜9555〜654〜82〜7
リン脂質3〜815〜2015〜2030〜35
コレステロールエステル2〜416〜2245〜5015〜20
遊離コレステロール1〜34〜86〜83〜5
主要アポタンパク質A-機B、C-供C-掘EB、C-供C-掘EBA-機A-

キロミクロン
摂取した脂質をエネルギーが十分なときは脂肪組織へ、飢餓のときは肝臓や筋肉へ運ぶ。

VLDL
肝臓や小腸で合成された脂質を脂肪組織へ運ぶ。

LDL
VLDLが血液中で異化(小さな構成部分に分解)する過程で生成。コレステロールエステルや脂溶性ビタミンを肝臓から末梢組織へ運ぶ。

HDL
肝外組織からコレステロールを運び出し、肝臓へと運ぶ。



アポタンパク質の種類

アポタンパク質にもいくつか種類があり、リポタンパク質全体の代謝や機能に重要な役割を果たしています。

働きアポタンパク質の種類
リポタンパク質の構造の維持A-機A-供B-48、B-100
脂質代謝酵素の補酵素A-機C-機C-供C-
組織のリポタンパク質の受容体のリカンド(特定の受容体に特異的に結合する物質)B-100、E






参考文献
基礎栄養学 (スタンダード栄養・食物シリーズ)
生化学 (栄養科学シリーズNEXT)
基礎栄養学 健康・栄養科学シリーズ
基礎栄養学
栄養・健康化学シリーズ 生化学
わかりやすい生化学
有機化学 (わかる化学シリーズ)


ページTOPへ
text by 2013/10/10






脂質









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved