ビタミネ





HOME >> 健康コラムTOP >> 健康コラム >> 日本食品標準成分表2010
サイトマップ

日本食品標準成分表2010


はじめに

2010年11月16日、文部科学省・科学技術・学術審議会資源調査分科会において、日本食品標準成分表が改定されました。名称は従来の五訂という表記から、どの時点での最新の情報が収載されているのかが明確になるよう「日本食品標準成分表2010」という表記へと変更されました。2005年の改定「五訂増補日本食品標準成分表」から5年経過での改定となります。掲載食品数については今回の改訂では前回の1878から変更はありません。


主な変更点は2つ

FAO報告書への対応
たんぱく質と脂質について、FAO(国際連合食糧農業機関)報告書が推奨する好ましい方法での収載に変更。これにより実際に摂取しているたんぱく質、脂質の量がより正確に把握できるようになります。
・たんぱく質
窒素量に一定の係数を乗じて算出 → アミノ酸組成から求めるたんぱく質量

・脂質
トリアシルグリセロール以外の脂質も含めた成分値 → 脂肪酸組成から求めるトリアシルグリセロール当量 

食事摂取基準への対応
厚生労働省が策定している「日本人の食事摂取基準」に言及されていて、日本食品標準成分表では収載されていなかった「ヨウ素」「セレン」「クロム」「モリブデン」「ビオチン」の5つの栄養素が各食品の成分値の項目に追加されました。


アミノ酸成分表改訂

1966年に策定され86年に改定された「日本食品アミノ酸組成表」も今回改定され、「日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010」と名称が変更されました。今回の改定値に基づいて上記のたんぱく質量も算出されています。






参考文献
「日本食品標準成分表2010」(文部科学省サイト内)


ページTOPへ
text by 2013/02/06






健康コラム











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved