ビタミネ





HOME >> 健康コラムTOP >> 健康コラム >> 五訂増補日本食品標準成分表
サイトマップ

五訂増補日本食品標準成分表


五訂増補日本食品標準成分表とは

日本食品標準成分表は文部科学省・科学技術学術審議会・資源調査分科会が公表しているもので、2000年11月22日に発表された「五訂日本食品標準成分表」に一部見直しを行い、2005年3月22日に「五訂増補日本食品標準成分表」が発表されました。五訂から五訂増補への主な変更点は以下の通りです。

1.収載食品の一部について、見直しを行った。
2.収載成分のうち、ビタミンA及びビタミンEについて「日本人の食事摂取基準2005年版」(以下「食事摂取基準2005年版」という)との整合性を確保するため、ビタミンAにおいてレチノール当量の算出方法を改めるとともに、ビタミンEにおいてこれまでのα‐トコフェロール当量に代えてα‐、β−、γ‐及び−トコフェロールの成分値を示す等収載成分項目を変更した。
3.収載成分のうち、ビタミンDの成分値の表示を整数から小数第1位に変更した。
4.収載成分のうち、別表としていたマンガンを本表に収載した。
5.五訂増補成分表脂肪酸成分表編の脂肪酸の成分値の検討の結果を踏まえ、脂肪酸の成分値を修正した。
6.資料の食品群別留意点について、食品に関する情報の充実等所要の見直しを行った。

この中でも特筆すべきは2番についてでしょう。1番については掲載食品数が5食品減って1食品増加したことで1882食品から1878食品になりました。1982年に発行された四訂から五訂への改定では1621食品から1882食品へと大幅に増加しましたが今回は微減と小幅な改正にとどまっています。


ビタミンAとビタミンEの項目の変更

五訂増補成分表で変更した収載成分項目について
成分項目等五訂成分表(初版)五訂増補成分表食事摂取基準2005
ビタミンA収載成分レチノール
β-カロテン当量
 (カロテンと記載)
レチノール当量
レチノール
α-カロテン
β-カロテン
クリプトキサンチン
β-カロテン当量
レチノール当量
食事摂取基準としては、レチノール当量を指標として用いている。
レチノール当量の算出方法レチノールとβ-カロテン当量に係数1/6を乗じたものとの合計レチノールとβ-カロテン当量に係数1/12を乗じたものとの合計レチノールとβ-カロテン当量に係数1/12を乗じたものとの合計
ビタミンE収載成分α-トコフェロール当量α-トコフェロール
β-トコフェロール
γ-トコフェロール
δ-トコフェロール
食事摂取基準としては、α-トコフェロールを指標として用いている。

■ ビタミンAについて
まずビタミンAについてはレチノール当量の計算方法を厚生労働省が発表している「食事摂取基準2005年版(くわしくはこちら)に合わせてβ-カロテン当量に1/6乗じて求めるやり方から1/12乗じる方法へと変更しました。それからこれまでのβ-カロテン当量の表示に加えて、β-カロテン当量を求める式で使われるα-カロテン、β-カロテン、クリプトキサンチン(カロテノイドの一種)も合わせて掲載しています。この式ではα-カロテンとクリプトキサンチンはβ-カロテンの半分のビタミンA活性を持ち合わせている物として計算しています。

β-カロテン当量(μg)=β-カロテン(μg)+1/2α-カロテン(μg)+1/2クリプトキサンチン(μg)

■ ビタミンEについて
ビタミンEについてはこれまでα-、β-、γ-、δ-トコフェロールから求められていたα-トコフェロール当量について「食事摂取基準2005年版」がα-トコフェロール単体の数値の表示へと掲載方法を変更したため、五訂増補版ではα-トコフェロール当量ではなく、α-、β-、γ-、δ-トコフェロール単体での表記へと変更しました。ちなみに食事摂取基準2005年版がα-トコフェロール単体へと表記を変更した理由は、血液や組織中に含まれるビタミンE同族体の大部分がα-トコフェロールであるためです。α-トコフェロール当量についての計算式は以下になります。

α‐トコフェロール当量(mg) = α‐トコ(mg) + 40/100 β‐トコ(mg) + 10/100 γ‐トコ(mg) + 1/100 δ‐トコ(mg)






参考文献
日本人の食事摂取基準〈2005年版〉
五訂増補食品成分表〈2010〉
五訂増補日本食品標準成分表(文部科学省サイト内)


ページTOPへ
text by 2010/08/05






健康コラム









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved