ビタミネ





HOME >> 健康コラムTOP >> 脂質 >> 脂質について3(リン脂質)
サイトマップ

脂質について3(リン脂質)


複合脂質とは

前回は脂質の1つ単純脂質について見てきましたが、今回は複合脂質について取り上げることにします。単純脂質の1つ中性脂肪(トリアシルグリセロール)は生体内で最も多く存在する脂質ですが、複合脂質は生体膜を構成する成分として生体膜内に高濃度に存在します。複合脂質にはリン脂質と糖脂質の2種類がありますが、今回はリン脂質についてみていくことにします。


リン脂質とは

リン脂質とは脂肪酸とアルコールにリン酸、さらにはその他の物質が化合してできたものです。化合するアルコールの種類によってグリセロールと化合するものをグリセロリン脂質、スフィンゴシンと化合するものをスフィンゴリン脂質と呼びます。リン脂質はワックス状の固体であり、生体膜の二重層を形成したり、脂質の運搬を担います。

■リン脂質の分類
リン脂質グリセロリン脂質ホスファチジン酸
ホスファチジルコリン
ホスファチジルエタノールアミン
ホスファチジルセリン
ホスファチジルイノシトール
スフィンゴリン脂質スフィンゴミエリン


リン脂質の生体膜の形成

リン脂質には水になじむ性質のある親水性の部分と水をはじき油となじむ性質のある疎水性の部分の両方を持ち、これを両親媒性といいます。ドレッシングなどは時間がたつと水と油の層に別れて使うときによく振らないといけませんが、リン脂質が含まれるマヨネーズは常に水と油が層になることなく混合しています。リン脂質には水と油をなじませる働きがあるので、それぞれが分離することなく混ざり合うのです。このような働きを乳化作用といいます。リン脂質はすでに述べた通り親水基(頭部)と疎水基(尾部)があり体液中では頭部が外側を向き尾部が内側をむくと言う形で生体膜の二重層(脂質二重層)を形成しています。これが生体膜の基本構造となります。





ホスファチジルコリン(phosphatidylcholine PC)

ホスファチジルコリン(別名レチシン)はグリセロールに飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がそれぞれ1つ付き、残りの1つの置換基にリン酸が結合したホスファチジン酸がその前駆体であり、リン酸にさらにコリンが結合することでホスファチジルコリンとなります。リン酸と結合する物質はコリン以外にも様々でそれぞれで性質が異なります。レチシンは体内の各組織に広く分布し、リン脂質の中で最も多く存在します。血清中のリン脂質中の66%はレチシンになります。レチシンは肝臓での脂質代謝や脂質の運搬、リン酸基の供給源などの役割を担います。



ホスファチジルエタノールアミン(phosphatidyleethanolamine PE)

ホスファチジルエタノールアミン(別名ケファリン)はホスファチジン酸のリン酸基にエタノールアミンがエステル結合してできたものです。主に血小板に存在し血液凝固因子の1つとして働きます。



ホスファチジルセリン(phosphatidylserine PS)

ホスファチジルセリン(別名セファリン)はホスファチジン酸のリン酸基にアミノ酸のセリンが結合したものです。



ホスファチジルイノシトール(phosphatidylinositol PI)

ホスファチジルイノシトールはホスファチジン酸のリン酸基にミオイノシトールが結合したリン脂質です。ホスファチジルイノシトールにはミオイノシトールに2つのリン酸が付いたホスファチジルイノシトール2リン酸もあり、ホスファチジルイノシトール2リン酸は分解過程でイノシトール3リン酸を生成します。イノシトール3リン酸は細胞間のシグナル伝達における第二メッセンジャーとして働く物質です。



スフィンゴミエリン(sphingomelin SPH)

アミノアルコールのスフィンゴシンと脂肪酸はアミド結合と呼ばれる方法で結合し、この状態をセラミドといいます。セラミドにさらにリン酸とコリンが結合したものをスフィンゴミエリンと呼びます。スフィンゴミエリンは神経組織に多く含まれその名が示すとおり神経線維のミエリン鞘の構成成分でもあります。







参考文献
栄養科学シリーズNEXT 生化学
基礎栄養学
栄養・健康化学シリーズ 生化学
わかりやすい生化学
絵とき 生化学入門
有機化学 (わかる化学シリーズ)


ページTOPへ
text by 2008/06/18






脂質









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved