ビタミネ





HOME >> 健康コラムTOP >> 健康コラム >> 老化の原因、活性酸素とは
サイトマップ

老化の原因、活性酸素とは


活性酸素の働き

最近よく耳にする活性酸素ですが、これについて詳しく見ていきましょう。活性酸素はもともとは体にとって必要な物質です。体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために、白血球から放出されます。殺菌・消毒としての役割があります。

いっぽうで体に悪影響を与えてしまうといった面もあります。人間はおよそ60兆の細胞で構成されますが、その細胞の外側にある細胞膜は不飽和脂肪酸という油で作られています。不飽和脂肪酸は活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、細胞が老化してしまいます。鉄が酸化してさびるのと同じように、体内でも活性酸素の影響によって酸化が生じ、体がさびてしまうのです。


発生原因

活性酸素の発生ですが、まず体内に取り込まれた酸素が、赤血球により細胞へと運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させるのに使われます。その際に消費された酸素の2%が活性酸素となります。

他にも紫外線や食品添加物、タバコなどが活性酸素の発生に関係があり、なかでもタバコは1本で100兆もの活性酸素を発生させると言われています。油分の多い食生活も活性酸素の働きを活性化させてしまうのでとりすぎには注意が必要です。

またストレスも要注意です。ストレスホルモンの一種コルチゾルは、免疫機能の重要な役割をになうNK細胞の機能を停止させてしまうだけでなく、その生成時には活性酸素も発生させてしまうのです。


体への影響

1.肝臓の機能が低下する。
活性酸素はエネルギーの発生とともに生じるで、24時間活発に活動している肝臓では他の部位に比べて活性酸素が発生しやすい環境にあるといえます。活性酸素の影響で肝臓が老化して機能が低下してくると、疲れやすくなったり、やる気がなくなったりなどの症状が出てきます。

2.しみやそばかす
活性酸素は紫外線でも発生します。紫外線により体内に活性酸素が発生すると、それを除去すべくメラニン色素が分泌されます。ということは活性酸素が多いほどメラニン色素がたくさん分泌されて、しみやソバカスができやすくなることになります。

3.血管の詰まり
コレステロールと活性酸素が血管のつまりを助長してしまうとは一体どういったことなのでしょう。まずはコレステロールの働きから解説します。コレステロールは細胞膜の材料として使われたり、筋肉を作るホルモンの材料であったり、また栄養分の消化や吸収に働く胆汁酸のもとになるなど、体内で必要不可欠な成分です。

コレステロールには血液を循環してコレステロールを細胞まで運ぶ悪玉コレステロール(LDL)と、血液や細胞内にある余分なコレステロールを回収する善玉コレステロール(HDL)があります。なぜLDLが悪玉といわれるのかというと、LDL表面にある脂質が、活性酸素と結びつくことで酸化して、酸化LDLになり、血管内に付着して、動脈硬化や、心筋梗塞、脳梗塞などの弊害をもたらしてしまうからです。

コレステロールの多い食事、もしくは活性酸素の多くなる環境はどちらも血管の健康にとってマイナスなことなのです。


活性酸素の除去

活性酸素は酸素に比べて非常に反応が強くて、普段は大変不安定な求電状態にあります。他の細胞から電子をうばうことで安定状態になります。電子が奪われることを酸化といいます。電子を奪われた細胞は、活性酸素と同じようにその周りの細胞から電子を奪い、酸化がどんどんと広がっていくのです。また酸化された細胞は本来の働きをになうことができないので広がりが進むとその器官の機能は低下してしまいます。その連鎖のスピードは何千分の1秒、何万分の1秒というから驚きです。

しかしながら体にはこうした活性酸素を除去する働きもあります。SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンなどの活性酸素除去酵素(スカベンジャー)の存在です。これら酵素の働きで体の中の余分な活性酸素が還元、消去されるのです。

ただしこの活性酸素除去酵素の生成は20歳頃がピークだといわれています。それ以降どんどんと生成量が減っていきます。40代になるとなんとピークの半分にまで減少してしまいます。年齢とともに老化していくのは活性酸素除去酵素の生成が少なくなってきて体を活性酸素の老化から守れなくなってきてしまうのが原因の一つなのです。


活性酸素を除去してくれる栄養素

年齢による活性酸素除去酵素の減少を補うなら、同じように活性酸素を除去する働きがある栄養素を食品から摂取することです。代表的なものではビタミンC、E、β-カロテン、ポリフェノールなどが上げられます。


活性酸素とスカベンジャー

活性酸素は大きくわけて4つに分類できるので、それを順に説明していきます。

まず酸素と食べ物から摂取した栄養素との組み合わせで、エネルギーのもとであるATP(アデノシン-3-リン酸)がつくられ、細胞内で蓄えられて常時利用されます。この活動の過程でスーパーオキシドアニオンと呼ばれる活性酸素が作られます。スーパーオキシドアニオンはスカベンジャーの働きにより同じく活性酸素のひとつ過酸化水素へと変換され、最終的には無害な酸素と水に分解されます。ただし過酸化水素は体内の鉄や銅と結びつくこともあり、そうするともっとも強力な活性酸素であるヒドロキシラジカルへと変化してしまいます。

もうひとつ活性酸素には一重項酸素と呼ばれるものがあります。これは紫外線の照射により体内の酸素分子が反応してできるものです。これにはとくにトマトに含まれるリコピンとよばれる色素、それからβ-カロテンがよくききます。下記に活性酸素の種類とそれに働きかけるスカベンジャーを並べてみました。


・活性酸素とスカベンジャー
活性酸素スカベンジャー
スーパーオキシド
アニオンラジカル
SOD、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、フラボノイド
過酸化水素 ビタミンC、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシターゼ
ヒドロキシラジカル β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、グルタチオンペルオキシターゼ、ポリフェノール、フラボノイド、女性ホルモン
一重項酸素 リコピン、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、女性ホルモン






ページTOPへ






健康コラム









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved