ビタミネ





HOME >> ビタミンTOP >> 水溶性ビタミン >> ナイアシンの食事摂取基準、一日の必要量、推奨量は?
サイトマップ

ナイアシンの食事摂取基準、一日の必要量、推奨量は?




ナイアシンの成人推奨量

ナイアシンの1日の推奨量は成人男子で15mgNE、成人女子で11mgNEです。ナイアシンはナイアシン当量(NE = niacin equivalent)で表されます。計算式は次のとおりです。

NE = ニコチン酸(mg) + ニコチンアミド(mg) + { トリプトファン X 1/60(mg)}

ナイアシンは体内でトリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸からも作られその転換率は1/60とされます。ニコチン酸とニコチンアミドはこれらを総称してナイアシンと呼ぶため、それにプラス、トリプトファンからの転換量を合計したものがナイアシン当量(NE)となります。


ナイアシンの年代別食事摂取基準

年齢 男性(mgNE) 女性(mgNE)
推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量 推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量
0〜5 (月) - - 2 - - - 2 -
6〜11 (月) - - 3 - - - 3 -
1〜2 5 5 - 60(15) 4 5 - 60(15)
3〜5 6 7 - 80(20) 6 7 - 80(20)
6〜7 7 9 - 100(30) 7 8 - 100(25)
8〜9 9 11 - 150(35) 8 10 - 150(35)
10〜11 11 13 - 200(45) 10 12 - 200(45)
12〜14 12 15 - 250(60) 12 14 - 250(60)
15〜17 14 16 - 300(75) 11 13 - 250(65)
18〜29 13 15 - 300(80) 9 11 - 250(65)
30〜49 13 15 - 350(85) 10 12 - 250(65)
50〜69 12 14 - 350(80) 9 11 - 250(65)
70以上 11 13 - 300(75) 8 10 - 250(60)
妊婦(付加量) +0 +0 - -
授乳婦(付加量) +3 +3 - -

※参考 厚生労働省発表 日本人の食事摂取基準(2015年版)
      上限量はニコチンアミドのmg量、( )内はニコチン酸のmg量
      各指標の見方について



上限量算定の根拠

ナイアシンの上限量はサプリメントや強化食品を大量摂取した際の過剰症を考慮した上で決められたものです。この過剰症というのは1型糖尿病患者へニコチンアミドが、脂質異常症患者へニコチン酸が治療薬として大量投与された際に見られたものです。消化器系では消化不良、下痢、便秘が、肝臓では肝機能低下、劇症肝炎 などの症状があらわれたことが報告されています。



日本食品標準成分表のナイアシン値

日本食品標準成分表に記載されている各食品のナイアシンの数値はニコチン酸とニコチンアミドの合計で、体内でナイアシンへと転換されるトリプトファンの量は考慮されていません。トリプトファンはたんぱく質の1%で、そこからナイアシンに転換されるとその量は1/60となります。計算はたんぱく質の量を100で割り、さらに60で割るといいので、たんぱく質の量を6000で割れば転換されるナイアシンの量がわかります。

ナイアシンの多い魚介類の中のかたくちいわしを例に見ると、ナイアシンの量は100gあたり9.7mgです。たんぱく質の量は18.2gなのでこれを6000で割ると30mgとなります。9.7mgにトリプトファンの転換量30mgをあわせた数値である39.7mgがかたくちいわしのナイアシン当量となります。ただしたんぱく質の中にもとうもろこしたんぱく質やコラーゲンなどトリプトファンの量が少ないものもあります。



多めにとった方がいい人

お酒をよく飲む人は、アルコールの分解のためにナイアシンをたくさん消費するので不足しがちです。また、冷え性など、末梢血管まで十分に血液が循環できていない症状を抱えた方も、血管拡張作用のあるナイアシンで症状の改善につながることがあります。それから肌荒れもナイアシン不足から生じることがありますので、気になる方は摂取を心がけてみてください。






参考文献
日本人の食事摂取基準〈2015年版〉









ページTOPへ
最終更新日 2016/03/25
公開日 2004/06/16






水溶性ビタミン









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved