ビタミネ





HOME >> ビタミンTOP >> 脂溶性ビタミン >> ビタミンD欠乏症・過剰症
サイトマップ

ビタミンD欠乏症・過剰症




ビタミンD欠乏症

欠乏症
ビタミンDは日光の紫外線により、皮膚表面でも合成されるので、適度に日に当たる生活をしていれば不足することはありませんが、以前は日照量の少ない地域でビタミンD欠乏症であるくる病がよく見られました。

ビタミンDはカルシウムの小腸での吸収や腎臓での再吸収を促進する働きや、骨塩沈着(コラーゲンなどからなる骨基質にカルシウムやリン等の骨塩が沈着して骨が形成される)を促進する働きがあるので、不足すると成人とくに妊婦や授乳婦では骨のカルシウムが減る骨軟化症に、高齢者や閉経後の女性では骨粗鬆症に、乳幼児ではくる病の発症の原因となります。またビタミンD欠乏症には転倒しやすくなるといった症状も報告されています。

くる病
成長期の骨には骨の部分と骨と骨との間に囲まれ、成長して骨に変わっていく軟骨の部分があり、その軟骨の部分はちょうど線に見えるので骨端線とよばれます。この線は成長期を過ぎ軟骨が骨へと変わるとなくなります。ビタミンDが欠乏すると骨端線の骨化が傷害されくる病を発症します。くる病とは乳幼児にみられるビタミンD欠乏による骨格異常のことで、背骨や四肢の湾曲や変形などが起こります。

原因
日光不足、腸管からの吸収障害、肝臓・腎臓疾患、PTH(ビタミンDを活性型へと変える酵素を活性化させるホルモン)異常など。

治療
日光不足やビタミンD摂取不足などの単純なビタミンD欠乏症であればビタミンDの補給で容易に治癒しますが、肝臓・腎臓疾患、PTH異常などビタミンDの活性化機構に障害がおこると単純なビタミンDの摂取では効果がなく、活性型ビタミンDの摂取が必要となります。

ビタミンDの多い食品
ビタミンDが不足しやすい環境や原因などを抱える方はビタミンDの多い食品を抑えておくのも大切です。ビタミンDは魚類全般に非常に多く含まれます。含有量も多く量も取りやすいのでビタミンDの摂取には非常に優れた食品群です。魚類以外ならきのこのきくらげやまいたけもビタミンDが多く含まれます。ほかにも卵の卵黄やかもにく、すっぽんなどにもビタミンDは比較的多く含まれます。ビタミンDの多い食品についてはビタミンDの多い食品・食べ物と含有量一覧で詳しく解説しています。



ビタミンD過剰症

ビタミンDは1日の摂取量が250μg未満であれば高カルシウム血症はしょうじないとする論文での報告が有り、これらをもとに日本人の食事摂取基準では不確実性因子なども考慮して成人のビタミンDの上限量を100μgと定めています。従来は50μgが上限でしたが、2015年度の食事摂取基準からは100μgへと改められました。250μg未満であれば高カルシウム血症の心配はないという報告もあることから、100μgを多少超える程度であればそれほど心配する必要もないとも考えられます。しかしながら定められた上限量を超えるビタミンDを連日取り続けると高カルシウム血症の心配もでてきます。高カルシウム血症とは血中のカルシウム濃度が正常値よりもかなり高くなっている状態のことで、血管壁や肺、心筋、胃、腎臓などにカルシウムが多量に沈着するなどの症状が現れます。これが腎臓で起こると尿毒症を起こして死に至るケースもあります。通常の食生活であれば過剰症になることはほとんどありませんが、サプリメントなどにより大量に摂取する場合は注意が必要です。

ビタミンDは体内では筋肉や脂肪で蓄えられ、少しづつ血液中に放出されます。半減期も30日と長いので過剰症が起きた場合は、ビタミンDの投与をやめてもすぐには回復せず、症状が半年以上も続いたといった報告もあります。ビタミンDを投与する際は高カルシウム血症の発症にも注意が必要です。ただし活性型ビタミンDの場合は半減期も短いので比較的すぐに回復します。






参考文献
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
基礎栄養学 健康・栄養科学シリーズ
エキスパートのためのビタミン・サプリメント
わかりやすいからだとビタミンの知識
サプリメントデータブック
よくわかる栄養学の基本としくみ
基礎栄養学
栄養の基本がわかる図解事典
サプリメントBOOK―もっと健康!もっとキレイに!
日本人の食事摂取基準〈2015年版〉



脂溶性ビタミンの欠乏症・過剰症一覧








ページTOPへ
最終更新日 2015/08/13
公開日 2014/01/22






脂溶性ビタミン









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved