ビタミネ





HOME >> ビタミンTOP >> 脂溶性ビタミン >> ビタミンDの食事摂取基準、一日の必要量、目安量は?
サイトマップ

ビタミンDの食事摂取基準、一日の必要量、目安量は?




ビタミンDの成人目安量

ビタミンDの1日の目安量は成人男女ともに5.5μgです。


ビタミンDの年代別食事摂取基準

年齢 男性(μg) 女性(μg)
推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量 推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量
0〜5 (月) - - 5.0 25 - - 5.0 25
6〜11 (月) - - 5.0 25 - - 5.0 25
1〜2 - - 2.0 20 - - 2.0 20
3〜5 - - 2.5 30 - - 2.5 30
6〜7 - - 3.0 40 - - 3.0 40
8〜9 - - 3.5 40 - - 3.5 40
10〜11 - - 4.5 60 - - 4.5 60
12〜14 - - 5.5 80 - - 5.5 80
15〜17 - - 6.0 90 - - 6.0 90
18〜29 - - 5.5 100 - - 5.5 100
30〜49 - - 5.5 100 - - 5.5 100
50〜69 - - 5.5 100 - - 5.5 100
70以上 - - 5.5 100 - - 5.5 100
妊婦 - - 7.0 -
授乳婦 - - 8.0 -

※参考 厚生労働省発表 日本人の食事摂取基準(2015年版)
      各指標の見方について



多めにとった方がいい人

ビタミンDの補充には、食べ物からの摂取(ビタミンD2、ビタミンD3)と、人間の皮膚内での自己生成(ビタミンD3)のふたつの方法があります。日照量が十分なら必要量を十分に満たしますが、日照量の少ない地域にすむ人や、お年寄りなど屋内型生活をおくる人はその量が不足しがちです。それを補うためには食べ物からの摂取を増やさなければいけません。不足すればビタミンD欠乏症へとつながります。



ビタミンDの上限量について

ビタミンDの上限量は100μgと定められています。これは1日250μg未満のビタミンDの摂取であれば、高カルシウム血症は発症しないという論文に基づいています。この数値に不確実性因子などを考慮して100μgを上限量と設定しています。高カルシウム血症とは血中のカルシウム濃度が上昇し、血管壁や肺、心筋、胃、腎臓などのカルシウムの沈着が見られる症状です。






参考文献
日本人の食事摂取基準〈2015年版〉



脂溶性ビタミンの食事摂取基準一覧








ページTOPへ
最終更新日 2016/09/08
公開日 2004/06/07








脂溶性ビタミン











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved