ビタミネ





HOME >> ビタミンTOP >> 水溶性ビタミン >> ビタミンCの発見の歴史、名前の意味、由来について
サイトマップ

ビタミンCの発見の歴史、名前の意味、由来について




ビタミンCの効果の発見の歴史

ビタミンCは壊血病の予防因子として発見される


ビタミンCの効果自体が発見されたのは1747年にイギリスの海軍医であるジェームズ・リンドが最初ですが、それがビタミンCによるものだと特定されるのは20世紀にはいってからです。リンドは壊血病にビタミンCの豊富なレモンやライムが効果があることを発見しました。

ビタミンCが豊富なレモンが壊血病予防に

壊血病とは?


壊血病とは血管の結合が緩くなることで起こる出血症状で、歯肉の腫れや出血、体の方々の腫れや皮下出血などを起こします。幼児では発育が劣り、膝や踝のはれ、痛みなどを起こします。

大航海時代に壊血病が流行


15世紀〜18世紀の大航海時代に多く見られ、これにより多くの船員の命が失われました。インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマの1497年〜1498年の航海中も160人の乗船員のうち96人が壊血病でなくなっています。この航海では出発から10週程で乗船員のうちの140人に歯茎や手足が腫れる症状が現れ始めます。途中アフリカの東南海岸の河口でオレンジを積んでいたムーア人を乗せ、北上して接岸した時点で発病者の回復が見られたことから、オレンジの中のなにかしらの物質が壊血病の治癒に効果があるのだろうと考えられてはいました。

復路のアラビア海横断航路でも往路と同様な症状がみられたことから、途中の港でオレンジを手に入れ摂取したところ壊血病の症状は回復していきました。ただしその時点ですでに乗船員の半数はなくなっていました。

オレンジが航海中の壊血病予防に

ジェームズ・リンドの発見


1747年ジェームズ・リンド航海中の下級船員に壊血病の症状が多く見られ、士官クラスでは少なかったことから食事内容に注目しました。そこで壊血病の船員を2つのグループに分け、片方にはレモンとライムを摂らせたところ、症状がみるみる回復していったことから、レモンとライムに壊血病を予防・改善効果があることを発見します。レモンやライムは酸性が強く腐りにくいことから、長期航海での保存にも適していました。壊血病には硫酸や酢も効果的だと考えられていましたが、ちょうどこの時期これらは効果がないということも立証されました。

またイギリスのジェームズ・クックも1772年〜1775年にかけての世界一周の航海に際し、船員に野菜を含む新鮮な食品を与えることで壊血病を防ぐことに成功しています。



ビタミンC特定と精製の歴史

抗壊血病因子をビタミンCと命名


1919年にイギリスのドラモンドは野菜に含まれる「抗壊血病因子」を発見して水溶性Cと命名し、翌年1920年にビタミンC「vitaminC」と改名します。1928年にはハンガリーのセント・ジエルジーが牛の副腎からビタミンCを結晶として分離することに成功して、これをヘキスロン酸と命名します。1932年にはアメリカのキングもレモンからビタミンCの単離に成功し、これがヘキスロン酸と同一の物質であることを発表します。

アスコルビン酸と命名


1933年にはセント・ジエルジーがヘキスロン酸をアスコルビン酸(ascorbic acid)と改名しています。スコルブ(scurvy)は壊血病のことで、ア(a)は否定の接頭語です。壊血病を防ぐ酸という意味でアスコルビン酸と命名されました。また同年にはイギリスのハワードがビタミンCの構造を決定し、ビタミンCを化学合成して作ることが可能となりました。



ビタミンCの名前の由来

ビタミンの名前の由来


ビタミンという名前はビタミンを最初に発見された人物として国際的に認知されているポーランドのフンクが用いたのがその始まりです。フンクは米ぬかから抗脚気因子(のちのビタミンB1)を発見し、それをビタミンと命名します。ビタミン「vitamine」とは生命の「vital」、アミン「amine」という意味です。アミンとは窒素「N」を含む有機化合物のことです。

ビタミンCの名前の由来


野菜から抗壊血病因子を発見したドラモンドは、フンクが用いたビタミンという言葉を使おうとしましたが、窒素「N」が含まれていなかったため「vitamine」ではなく「vitamin」という言葉を用い、それにCをつけてビタミンC「vitaminC」と命名しました。その後発見されたビタミンには「vitamin」という名称が用いられるようになったため、vitamineではなくvitaminの綴りの方が定着していくことになります。

ビタミンの名称の変遷






参考文献
エキスパートのためのビタミン・サプリメント
スタンダード栄養・食物シリーズ 基礎栄養学第3版
基礎栄養学 改訂第5版
栄養学ライブラリー 栄養学の歴史






ページTOPへ
公開日 2017/05/01








水溶性ビタミン









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved