ビタミネ





ビタミントップ  ビタミンコラム  水溶性ビタミン  脂溶性ビタミン
サイトマップ
水溶性ビタミン


ビタミンCの効果・効能

コラーゲンの生成を助ける
体を構成するたんぱく質の30%を占めるコラーゲンの生成に関わります。 コラーゲンの構成物質、アミノ酸ヒドロキシリジンとヒドロキシプロリンは、リジンとプロリンが酵素反応により水溶化されることで作られます。 ビタミンCはこの酵素の補酵素として重要な役割を担います。 ビタミンCが不足すると十分な水溶化がされなくなってしまうため、コラーゲンの生成に影響がでてくるというわけです。

コラーゲンには細胞と細胞をつなぐ接着剤の働きや、骨を丈夫にする働きがあります。血管や筋肉を丈夫に保つとともに、皮膚、骨、粘膜の形成を担います。 コラーゲンが不足すると以下のような症状がでてきます。

血管の結合が緩み出血しやすくなります。 これは壊血病とよばれ、もともとビタミンCは壊血病予防因子として発見されたものです。また、切り傷などの治りも悪くなります。 歯茎からの出血なども見られます。
骨がもろくなる。骨粗鬆症の一因としても知られる。
肌の張りが失われる。

※関連コラム  >>お肌とビタミン
>>酵素について1


老化・病気から体を守る
本来は体に有用なはずの活性酸素も、過剰に働きすぎると逆に正常な細胞にも攻撃してしまいます。そうなると活性酸素は細胞内や核酸、血管内など体の様々な部位に悪影響を与えてしまうので、活性酸素の反応を抑える抗酸化物質が必要になってきます。

ビタミンで抗酸化物質として有名なのがビタミンC、ビタミンE、β-カロテンです。 ビタミンEは脂溶性なので、細胞膜内ではたらき、不飽和脂肪酸という細胞を包む油性の膜が、活性酸素と結びついて有害な過酸化脂質となるのを防ぎます。 ビタミンEがいち早く活性酸素と結びつくことで防ぐわけですが、こうなるとビタミンE活性は失われます。そこでビタミンCの登場です。 ビタミンCは細胞外で働き、ビタミンEを再び活性化させ抗酸化作用を取り戻す働きがあります。

酸化作用の悪影響には細胞の老化の他、心筋梗塞、動脈硬化、狭心症、ガン、白内障などが上げられます。抗酸化ビタミンの摂取はこれら症状への予防にも効果的です。

※関連コラム >>老化の原因、活性酸素とは


しみ、そばかす、しわを防ぐ
肌のシミやソバカスの原因として嫌われているメラニンですが、実はとても重要な働きを担っています。紫外線が表皮の下の真皮にまで侵入するとコラーゲンやヒアルロン酸などからなる網目状の細胞に乱れや破壊が生じ、その結果保湿性、弾力性が失われて、肌がしわになってしまいます。メラニンは紫外線を吸収することで肌を守ってくれているのです。 メラニン色素は皮膚の一番下の基底層と呼ばれるところで作られます。そして新陳代謝で新しい細胞に押し上げられて、通常28日で角質層まできて最後は剥がれ落ちます。

ビタミンEやβ-カロテンには紫外線により発生した活性酸素を除去する働きがあります。またビタミンCには一度できてしまった黒色メラニンを無色の還元型メラニンへと変化させ、目立たなくする働きもあります。

※関連コラム >>老化の原因、活性酸素とは


免疫力を高める
免疫とはウイルスや細菌などを攻撃して排除する機構のことです。 ビタミンCは免疫機能を担う白血球の1つ好中球の活性維持や増強に関与します。 またビタミンCは体外の病原体から体を守る上皮や粘膜を構成するコラーゲンの働きにも関わります。

※関連コラム  >>免疫について1
>>免疫について2


発ガンを防ぐ
胃がんの原因の一つとされるニトロソアミンという物質は、食事による体外からの摂取の他、体内でも合成されます。胃内の酸性条件下でアミノ酸化合物と亜硝酸化合物(肉、野菜、魚などに含まれる)が結合してニトロソアミンが形成されます。 ビタミンCはいち早く亜硝酸化合物と結合して一酸化窒素に変えてしまうことで、ニトロソアミンの合成を防いでくれます。

ビタミンCにはこの他にも抗がん剤にも使用されるインターフェロンの生成を促進する働きもあります。インターフェロンにより抗ウイルスたんぱく質が生成され、ウイルスの活動を抑制します。がん細胞にも同じように働きかけ、細胞分裂を抑制してがん細胞の増殖を抑えます。


動脈硬化を予防する
コレステロールをとりすぎると血管内で活性酸素と反応して酸化LDLに変化します。酸化LDLの発生は血管を狭めて動脈硬化を引き起こす要因にもなるので注意が必要です。

一番はコレステロールを取りすぎないことですが、活性酸素を増やさないことや、ビタミンCやビタミンE、β-カロテンなどの抗酸化ビタミンを摂取することで活性酸素を無毒化させてやることも重要になります。

※関連コラム >>コレステロールとビタミン1・2


抗ストレスホルモンの生成に関わる
人間はストレスを感じると副腎からアドレナリンを分泌します。この抗ストレスホルモンの作用により血糖値が上昇してエネルギーを増やすことで、ストレスへの体制を整えようとします。

ビタミンCはこのアドレナリンの生成時において補酵素として必要となります。アドレナリンの分泌量が増えるほどビタミンCの消費量も増加します。 したがってストレスにはビタミンCをしっかりととることが大事です。

※関連コラム  >>酵素について1


アルコールの分解に関与
アルコールはアセトアルデヒドに分解され、続いて酢酸になり、最終的には二酸化炭素と水に分解されて排出されます。アセトアルデヒドが分解されずに体内に残ってしまうと、頭痛や吐き気などの二日酔いの症状が出てきます。ビタミンCはアセトアルデヒドから酢酸への分解を助けます。


肝臓の解毒作用に関与
ビタミンCの欠乏状態が続くと、肝臓内の薬物代謝に関わるP-250と呼ばれる酵素の量が減少することが知られています。






参考文献
ビタミン・ミネラルBOOK
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
基礎栄養学
基礎栄養学 健康・栄養科学シリーズ
わかりやすいからだとビタミンの知識
「ビタミン伝説」の真実
エキスパートのためのビタミン・サプリメント


ページTOPへ






since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved