ビタミネ





HOME >> ビタミンTOP >> 水溶性ビタミン >> ビタミンB12過剰症・欠乏症
サイトマップ

ビタミンB12過剰症・欠乏症




ビタミンB12欠乏症

ビタミンB12の欠乏症では以下のようなものが報告されています。

巨赤芽球性貧血、赤血球の形成・再生における障害、全身疲労感、倦怠感、睡眠障害、下肢のしびれ、 知覚鈍磨、知覚異常、運動失調、高ホモシステイン血症(欠乏が進行した場合)

巨赤芽球性貧血、赤血球の形成・再生における障害
赤血球の核酸の合成に関与することから欠乏すると赤血球の合成や成熟に大きく影響します。赤血球をはじめとする様々な核酸の合成には葉酸が欠かせません。葉酸は体内でメチオニン合成酵素の助けを借り、メチルテトラヒドロ葉酸からテトラヒドロ葉酸となります。テトラヒドロ葉酸はその後メチレンテトラヒドロ葉酸となり赤血球のもととなる核酸の合成に関与します。もしテトラヒドロ葉酸への変換がうまく進まないとその後の拡散の合成にも影響し、結果通常よりも巨大な赤血球が作られます。巨大な赤血球が作られる一方赤血球の数自体は少なくなるので酸素運搬能力も減少し、結果貧血症状を引き起こします。

メチオニン合成酵素にはビタミンB12が必要となるためビタミンB12が不足してもテトラヒドロ葉酸への合成が影響を受けるため、結果巨赤芽球性貧血を引き起こします。このように巨赤芽球性貧血は葉酸が欠乏してもビタミンB12が欠乏しても発症するわけです。



高ホモシステイン血症
ビタミンB12は葉酸とともにホモシステインのメチオニンへの転換に関与する栄養素です。ビタミンB12はホモシステインがメチオニンへと変換される際に必要となるメチオニン合成酵素に必要な栄養素です。葉酸はホモシステインがメチオニンとなる際にメチル基(-CH3)が必要となりますが、メチルテトラヒドロ葉酸がこのメチル基を提供し、メチルテトラヒドロ葉酸自体はテトラヒドロ葉酸となります。

このようにどちらもホモシステインのメチオニンへの変換に必要な栄養素なので、ビタミンB12や葉酸が欠乏するとメチオニンへの変換がスムーズに進まなくなり血中ホモシステイン濃度の上昇につながります。血中内のホモシステイン濃度が高くなると心筋梗塞や動脈硬化のリスクが高くなります。



ビタミンB12欠乏要因

ビタミンB12は通常なら欠乏することほとんどありません。しかしながら以下のケースでは欠乏に注意が必要です。

菜食主義者
ビタミンB12は動物性食品に含まれるので、極端な菜食主義者や高齢者で動物性食品の摂取が少ない場合には欠乏に注意が必要です。

胃切除・胃粘膜障害
ビタミンB12は胃から分泌される糖たんぱく質である内因子(Castle因子)と結合して回腸(小腸の一部)で吸収されるので、胃や回腸切除者や胃粘膜障害がある場合は生体利用率が減少し、欠乏状態に陥りやすくなります。



ビタミンB12過剰症

ビタミンB12は胃から分泌される内因子が飽和すると、過剰に摂取しても吸収されないので過剰症に至ることはありません。また上限量の設定もありません。実際ビタミンB12を大量に投与した条件においても過剰症は認められないといった報告もあります。それからビタミンB12の過剰摂取による有害作用を示す根拠も現時点ではありません。

成人男女のビタミンB12の一日の推奨量は2.4μgですが、その200倍以上の摂取量である500μgのビタミンB12(シアノコバラミン)を経口摂取しても、内因子非依存的に吸収されるのは1%程度です。また約1000倍の量である2.5咫2500μg)のビタミンB12(シアノコバラミン)を非経口的に投与しても過剰症は認められなかったという報告もあります。






参考文献
サプリメントデータブック
専門医が教えるビタミン・ミネラル早わかり
エキスパートのためのビタミン・サプリメント
日本人の食事摂取基準〈2005年版〉
医療従事者のための機能性食品ガイド
日本人の食事摂取基準〈2015年版〉









ページTOPへ
text by 2011/07/12






水溶性ビタミン











since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved