ビタミネ





HOME >> ビタミンTOP >> 水溶性ビタミン >> ビタミンB1の食事摂取基準、一日の必要量、推奨量は?
サイトマップ

ビタミンB1の食事摂取基準、一日の必要量、推奨量は?




ビタミンB1の成人推奨量

ビタミンB1の推奨量は年齢とともに増加していき、男性では15歳から17歳で1.5mgとピークに達し、その後は1.4咾箸覆蝓50から69歳で1.3咫70歳以降は1.2咾箸覆蠅泙后女性は12歳から14歳で1.3咾肇圈璽に達し、15から17歳で1.2mg、その後は1.1咾箸覆蝓50から69歳で1.0咫70歳以降は0.9咾箸覆蠅泙后

妊婦と授乳婦ではそれぞれ付加量としてプラス0.2mgが設定されています。ビタミンB1の耐用上限量は設定されていません。


ビタミンB1の年代別食事摂取基準

年齢 男性(mg) 女性(mg)
推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量 推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量
0〜5 (月) - - 0.1 - - - 0.1 -
6〜11 (月) - - 0.2 - - - 0.2 -
1〜2 0.4 0.5 - - 0.4 0.5 - -
3〜5 0.6 0.7 - - 0.6 0.7 - -
6〜7 0.7 0.8 - - 0.7 0.8 - -
8〜9 0.8 1.0 - - 0.8 0.9 - -
10〜11 1.0 1.2 - - 0.9 1.1 - -
12〜14 1.2 1.4 - - 1.1 1.3 - -
15〜17 1.3 1.5 - - 1.0 1.2 - -
18〜29 1.2 1.4 - - 0.9 1.1 - -
30〜49 1.2 1.4 - - 0.9 1.1 - -
50〜69 1.1 1.3 - - 0.9 1.0 - -
70以上 1.0 1.2 - - 0.8 0.9 - -
妊婦(付加量) +0.2 +0.2 - -
授乳婦(付加量) +0.2 +0.2 - -

※参考 厚生労働省発表 日本人の食事摂取基準(2015年版)
      各指標の見方について



ビタミンB1の耐用上限量

ビタミンB1は通常の食生活であれば大量に摂取することも稀で、また水溶性なので過剰に摂取しても尿として排泄されます。ビタミンB1の推奨量は成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mgですが、この数千倍(1日3,000唹幣紂砲任△襯咼織潺B1を慢性的に摂取した場合には種々の過剰症例が報告されています。たとえば10g(10,000咫砲離船▲潺鷄酸塩を2週間半にわたって摂取した場合、頭痛、いらだち、不眠、速脈、脆弱化、接触皮膚炎、かゆみの発生が見られ、摂取をやめると2日ほどで回復する例が報告されています。チアミン塩酸塩とはチアミン(ビタミンB1)と塩酸(HCL)の化合物です。

上限量を設定するためのデータは十分には集まらなかったため、日本食品摂取基準ではビタミンB1については上限量は設定されていません。



ビタミンB1の妊婦、授乳婦の付加量

ビタミンB1はエネルギーの要求量に応じて増加するので、妊婦のエネルギーの付加量(後期+450kcal/日)にエネルギー当たりの推定平均必要量算定の参照値(0.45mg/1000kcl)をかけて計算した数値である0.2咾鯒タ唄のビタミンB1の付加量としています。

授乳婦のビタミンB1の付加量は母乳として出ていく量(泌乳量)からそれを食品で補う場合の量を計算し、0.2mgとしています。






参考文献
日本人の食事摂取基準〈2015年版〉









ページTOPへ
最終更新日 2016/10/13
公開日 2004/06/15








水溶性ビタミン









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved