ビタミネ





HOME >> ビタミンTOP >> 脂溶性ビタミン >> ビタミンAの食事摂取基準、一日の必要量、推奨量、上限量は?
サイトマップ

ビタミンAの食事摂取基準、一日の必要量、推奨量、上限量は?




ビタミンAの成人推奨量

ビタミンAの成分レチノールは動物性食品からしか摂取できません。ただし植物性食品に含まれるカロテンという成分は体内でレチノールへと変換されるので、植物性食品からもビタミンAを補給することは可能です。カロテンは腸での吸収が1/6、そこからのレチノール変換が1/2といわれているのでカロテンのレチノールとしての利用量は、摂取分の1/12程度だとされています。

通常必要量として表記されているレチノール活性当量(RAE:retinol activity equivalents)という指数は、レチノールの量と、カロテンのレチノール換算量の合計の数値です。ビタミンAの1日の推奨量は成人男性で850μgRAE、成人女性で650μgRAEです。


ビタミンAの年代別食事摂取基準

年齢 男性(μgRAE) 女性(μgRAE)
推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量 推定平均
必要量
推奨量 目安量 上限量
0〜5 (月) - - 300 600 - - 300 600
6〜11 (月) - - 400 600 - - 400 600
1〜2 300 400 - 600 250 350 - 600
3〜5 350 500 - 700 300 400 - 700
6〜7 300 450 - 900 300 400 - 900
8〜9 350 500 - 1200 350 500 - 1200
10〜11 450 600 - 1500 400 600 - 1500
12〜14 550 800 - 2100 500 700 - 2100
15〜17 650 900 - 2600 500 650 - 2600
18〜29 600 850 - 2700 450 650 - 2700
30〜49 650 900 - 2700 500 700 - 2700
50〜69 600 850 - 2700 500 700 - 2700
70以上 550 800 - 2700 450 650 - 2700
妊婦(初期) +0 +0 - -
妊婦(中期) +0 +0 - -
妊婦(後期) +60 +80 - -
授乳婦 +300 +450 - -

※RAE レチノール活性当量
※参考 厚生労働省発表 日本人の食事摂取基準(2015年版)
      各指標の見方について


妊婦・授乳婦の平均必要量、推奨量

妊婦の付加量は胎児への移行蓄積量から


妊婦の場合は胎児に移行蓄積される量を付加する必要があるとの考えから、まずは胎児のビタミンAの移行蓄積量を調査し、そこから付加量を算定しています。胎児は妊娠後期にビタミンAの大部分が蓄積されることから37〜40週の蓄積量を調べ、その量は3600μgとしています。この量を妊娠後期3か月で胎児に移行するにはどの程度の付加量が必要かを計算し、その付加量の1日の推定平均必要量を60μgと算定しています。またここに推奨量を求めるための算定係数1.4をかけて推奨量を80μgとしています。この80μgが後期妊婦が必要となるビタミンAの付加量になります。

授乳婦の付加量は母乳への分泌量から


授乳婦の付加量は母乳中に分泌されるビタミンAの量から算定しています。その量は1日平均で320μgRAEで丸目処理をして300μgを推定平均必要量としています。ここに推奨量を求めるための算定係数1.4をかけて450μgが授乳婦の1日のビタミンAの推奨量の付加量となります。成人女性の推奨量の650μgと比べるとその割合はかなりの額です。授乳婦はしっかりとビタミンAを摂取することが大切です。



耐用上限量

ビタミンAには過剰症があるため、過剰摂取により頭痛や脳脊髄液圧の上昇、皮膚の落屑、脱毛、筋肉痛などの症状が現れます。このため日本食事摂取基準でも耐用上限量が設定されています。成人ではビタミンAの肝臓への過剰蓄積によりおこる肝臓障害の症例をもとに、最低健康障害発現量を13,500μgRAE/日とし、それを報告例の少なさや、調査の特殊性などを考慮した不確実性因子で割って、2,700μgRAE/日を耐用上限量として設定しています。小児の数値は体重比などにより計算したものです。

乳児の数値はビタミンAの過剰摂取による頭蓋内圧亢進の症例報告をもとに、健康障害非発現量を6000μgRAE/日と設定し、それを不確実性因子で割って耐用上限量を600μgRAE/日と設定しています。



β-カロテンについて

ビタミンAの推奨量や目安量、平均必要量はプロビタミンAであるβ-カロテンのレチノール相当量も含めた数値ですが、耐用上限量はプロビタミンAのレチノール相当量は含まれません。これはプロビタミンAを過剰摂取しても過剰症が発生したという報告がないためです。

そもそもプロビタミンAであるβ-カロテンは過剰に摂取しても必要量のみビタミンAへと変換されるので、ビタミンA過剰症の心配はないとされています。






参考文献
日本人の食事摂取基準〈2015年版〉



脂溶性ビタミンの食事摂取基準一覧








ページTOPへ
最終更新日 2016/07/19
公開日 2004/06/17








脂溶性ビタミン









since 2003/07/21
Copyright(C)2003 kain All Rights  Reserved